全国健康保険協会 福島支部

節子さんからの'6つの謎'をクリアしよう!!

医療費にまつわる、様々な情報を日々アップデートして収集している節子さん。
今日は中でもとっておきのお得情報を、謎解き形式で教えてくれるよ。
近所に暮らす奥さんとの会話を、ちょっぴり覗いてみよう!

謎解きするほど、
役立つ医療費情報をゲット!

みんなにお得な情報を届けるため、節子さんが謎を出題するよ!

謎を解いて、医療費にまつわるお得な情報をゲットしてね!

“はしご受診”の落とし穴

はぁ~… 子どもが小学生になって色々と大変! 節約しなくちゃ。

それなら一度、医療費について見直してみたらどう?

見直して、何かが変わるかしら?

そうね。もしかしたら、
気づかないうちに“はしご受診”をしているかもしれないわよ。

どういう意味?

ひとつの症状に対して複数の医療機関を受診することを、“はしご受診”って言うの。
同じ検査や投薬を繰り返すことで、気づかないうちに医療費がかさんでしまうから、注意が必要よ!

ギクッ…!
ネットで評判の口コミを見て、つい私も診てもらいたくなって…。
手当たり次第、いくつもの病院へ足を運んでいたわ。

やっぱりね!
そんなあなたには、このところ私がハマっている謎解きの問題で、
お得になるヒントを教えてあげるわ。解けるかしら?

ヒント1

イラストの症状に合わせて、向かうべき病院を選びましょう。

ヒント2

一番左の人は鼻水が出ているので、耳鼻科に行きましょう。
通る文字を上から読むと「かぷせる」となります。

解説を見る

イラストの症状に合わせて、向かうべき病院へ行きます。
一番左の人は鼻水が出ているので耳鼻科に行き、通る文字を上から読むと「かぷせる」となります。
同じように一番右の人は皮膚科に行き、通る文字は「かかりつけ」となります。
答えは「かかりつけ」です。

解けたわ! 答えは、“かかりつけ”ね。

そう。病気への不安や疑問がある時には、まず、普段から通っている“かかりつけ”のお医者さんに相談してみることが大切よ。
必要に応じて、他院を紹介してもらうこともできるはずだから。

ありがとう。早速、相談してみるわね。

アンケートにご協力下さい

アンケート

みなさまのご意見をお聞かせ下さい。

1.謎解きの難易度はいかがでしたか?
2.あなたの年齢を教えてください
3.あなたにはかかりつけ医がいますか?
4.医療費節約のためにあなたが実践していることはなんですか(複数回答)

COMING SOON...!

Copyright ©Japan Health Insurance Association. All Rights Reserved.
TOPに戻る